何に使える?研修を受講した成果を後々使えるか考えよう!

会社にとって必要なスキルを考える

研修をするときには獲得できるスキルを決めてから、研修を開くことが大事です。スキルが決まっていないと、研修が曖昧なものになるでしょう。ただし、そのスキルは会社で必要となるものを選ぶことも重要です。必要ではないスキルを獲得するために研修を開いても、会社の利益にならないからです。この会社で必要となるスキルには、一般的なスキルから専門的なスキルまで幅広くあります。全社員が持っているべきスキルは研修によって獲得してもらうと、平均的に能力が向上するでしょう。また、会社側が見落としがちなスキルもありますので、社員からの要望を聞いて研修内容を決めることも大事です。社員が必要だと思うものは、会社にとっても大切なことが多いです。

成果はどんな場面で役立つかを考える

研修を受講したあとの成果を、どんな場面で使うかを想像することは重要です。例えばマナー研修であれば、お客様との接客に使えます。このような成果の実践的な使い方が見えていると、研修をするべきかが分かりやすでしょう。また、成果を使う場面が限られている場合は、研修は中止してもいいのです。社員が受講して役立つものでないのであれば、研修自体をなくすことは間違いではありません。時間と労力をかけて行う価値がある成果に限定して研修を行うことが大事です。ただし、一部の人にだけ必要な研修もあります。エンジニアに対するコミュニケーション研修のように、足りないものを補う研修は積極的に取り入れると社員の能力向上に役立ちます。

© Copyright Purpose Of Training.All Rights Reserved.